第11節 イボを取り去る〔美しい肌にするイボ取り〕 

前ページ 次ページ

イボはガンの一種である。医学的には疣(イボ)と癌(ガン)とは同種の物であり、細胞が狂ったために生じるのであり、体の表皮に出来た異種の細胞がイボで、体内に発生するとガンになります。このイボもガンも体内の邪気が顕れたと考えられます。

手足に出来たイボならば無花果(イチヂク)の葉をもぎ取ると茎から牛乳の様な白い汁が出るので、この汁をイボに塗ればイボは簡単に取れてしまう。しかし、手足のイボは良くても、顔面に出来たイボにはイチヂクをつけない方が良いでしょう。顔が台無しになる恐れもある。

【イボの予防と除去の方法】
術の手順被術者(患者さん)施術者(治療士)
準備姿勢
  • 座禅の座りかた(出来ない人はアグラ)で両手を開いて、両膝の上に自然におく。手の甲が上である。
治療法
  • 次に、両足を投げ出して左手を広げて力一杯に高く斜め上へ挙げる。
  • 右手で肝臓の脇部を押さえ、高く上げた左手の平を見つめて7回呼吸する。
  • 両手を下ろして、暫く呼吸が落ちつくまで待つ。

ポイントは次の二つです。

  • 鼻から息を吸って止め、苦しくなったら、口から息を吐きだして1回分と数える。
  • 左手の平を見つめる時には、目が痛くなる程に強く見つめる。

この方法は簡単に見える様であるが、実際にやってみるとかなりきつい方法である。しかし朝晩2回ずつ行えば、1ケ月も経過するとイボの突起は減って小さくなってきます。その後、半月もすればイボが取れてしまう即効性のある方法です。

前ページ 次ページ