第4節 ニキビを取り去る〔ニキビを直して綺麗な顔〕 

前ページ 次ページ

一般にニキビは若さの象徴などと言われますが、これも度を越すと女性も男性も美容の上からは大きな悩みとなります。ニキビは体の中の邪気が排泄された結果です。若い時には、特に体の排泄機能が強いのでニキビと言う形で顕れますが、年齢と共に体内の邪気は肩凝りや腰痛などに変化して行きます。

体内の邪気もこの場合には宿便と考えて良く、毒素が排泄された結果が若い時代にはニキビとなって顕れます。だからニキビを解消するには、その毒素である宿便を体外に排泄してやれば良いのです。便秘気味の人は毒素(酸性腐敗便など)が体内に残るので、吹き出物やニキビとして顕れます。

最も効果的な方法は『按腹の術』が良いのです。通常はこの方法で1週間もたつと便通が改善されて次第にニキビも治ります。なお、ここではニキビを消して滑らかな肌にするために、てっとり早い対症療法的な効果を出す方法を紹介します。

【ニキビを消し去る方法】
術の手順被術者(患者さん)施術者(治療士)
準備姿勢
  • 両足を伸ばして座り、両腕を交差して、両肩を押さえる。ここで深呼吸する。
治療法
  • 口から息を吐き出しつつ、上体を右斜め方向へ倒す。
  • 息を吐き出し終わったら、口を閉じて鼻から息を吸い込みつつ元に戻し、同様に左斜め方向へ倒す。

これを左右交互に3回ずつ、1日に朝晩2回行えば、3日もたつとニキビは消えてしまいます。ついでに前節の「第2節 ソバカスやホクロを治す」で紹介した手の平を当てる方法を実践すれば、今までに治らなかったニキビ跡も消えて取れます。

また『按腹の術』は「第9節 お腹の贅肉を取る」で紹介しますので参考にして下さい。