第34節 膀胱炎の予防と治療〔生理的現象は我慢しない〕 

前ページ 次ページ

膀胱炎は一般的に女性に多い病気です。これはトイレを我慢し過ぎることが原因の一つとなっています。便を溜め過ぎると邪気が溜まり、これと同じで小水を我慢し過ぎると体に支障を来します。しかも女性の尿道は男性に比べて太くて短いし、肛門と尿道とが接近しているために、生理などによっても汚れやすいのです。

膀胱炎の予防は、この部分を清潔に保つことです。しかし、セックスの頻度が余りに多過ぎる時や受入れ態勢が整わないまま強制したりする時にも、膀胱炎になりやすいので注意が必要です。ここでは、膀胱炎に即効性のある方法を紹介します。

【即効性の高い膀胱炎の治療法】
術の手順被術者(患者さん)施術者(治療士)
準備姿勢
  • 横向き、仰向けのいずれかの姿勢で楽なポーズをとる。
治療法
  • 両手を強く擦り合わせ温め、その手の平で両側の膀胱經絡系(脚の付け根)を直接に何回も摩擦する。
   ※横向きの場合:
   上側の膀胱系を撫で、次に向きを変えて逆側を行うと良い。自然に反った形をとる。
   (上の脚を心持ち、くの字に折り曲げて下になった腕を枕にすると良い)

一般に横になる時には、両脚とも曲げるか、下になった脚を折り曲げる人が多い。しかし、この姿勢では脊髄が曲がりぱなしで効果が薄いので、寝床などでこの方法を行う場合には、正しい姿勢になることに注意していただきたい。

この膀胱炎を治す方法は、かなりの即効性があるので1日に1時間ずつ、3~4日も実行すれば慢性も急性も、ほとんどの人の膀胱炎が治ります。

尚、この方法は女性に限らず男性でも同様です。

前ページ 次ページ