第5節 足心術の反射区治療〔反射区の治療順序の概要〕 

前ページ 次ページ

以下、簡単に基本的な足心術の反射区治療の順序について概要を説明します。その後、詳細について後述いたします。(左足裏を図示しますが、右足裏も同様です)

第1ステップ:基本区分・・・必ず最初は、この基本区分から実施する

  • :腎臓經絡の部分を撥ねる要領で施術する。
    (5~7回程度を矢印の方向に行う)
  • :尿道經へ向かって撥ねる要領で施術する。
    (5~7回程度を矢印の方向に行う)
  • :膀胱經絡の部分を撥ねる要領で施術する。
    (5~7回程度を矢印の方向に行う)
  • 腎臓の機能がが弱っている人は極めて痛がります。
    足心術の最後の仕上げも基本区分を実施します。

第2ステップ:精力区分・・・精力の衰えをチェックする

  • :足の裏でカカト部分は硬いのが常です。
    (5~7回程度を棒の先で叩いて行う)
  • :右廻しで区分#01から#10までを施術する。
    (総て5~7回程度を棒の先で叩く)
  • :大腸関連の区分#11は丁寧に施術する。
  • このかかと中央区分が硬い人は、精力の減退がある。

第3ステップ:首肩区分・・・首や肩凝りに有効な区分です

  • :区分#01~#12の順に撥ねる要領で施術する。
    (5~7回程度を同じ方向に行う)
  • :この部分は『僧傍筋』と呼ばれて
    肩凝りに極めて効果の高い部分です。
  • :区分#13~#16の順に撥ねる要領で施術する。
    (5~7回程度を同じ方向に行う)
  • 肩凝りや肝臓疾患の人は極めて痛がる。
    左足と右足との違いは肝臓と心臓にある。

第4ステップ:頭部区分・・・視力、聴力、脳神経に有効な区分です

  • :この部分は骨を削る要領で施術する。
    (5~7回程度を同じ方向に行う)
  • :小指まで順に骨を削る要領で施術する。
    (5~7回程度を同じ方向に行う)
  • :この部分は爪へ向かって撥ねる要領です。
    (5~7回程度を同じ方向に行う)
  • ①部分は首の疾患に効果あり。
  • ②部分は耳の疾患に効果あり。
  • ③部分は脳や神経の疾患に効果あり。

第5ステップ:下半身区分・・・・・・・・・・腰や膝の疾患に有効な区分です

  • :この部分は骨を削る要領で施術する。
    (5~7回程度を同じ方向に行う)
  • 側面を施術する時は足心棒を立てて、
    棒の側面で擦るように施術する。
  • :足の裏を漏れなく足心棒で施術したか?
    (漏れなく5~8回程度を同じ方向に行う)
  • 膝の疾患に効果あり。

第6ステップ:基本区分・・・必ず最後に、この基本区分を施術して終わる

  • :腎臓經絡の部分を撥ねる要領で施術する。
    (5~7回程度を矢印の方向に行う)
  • :尿道經へ向かって撥ねる要領で施術する。
    (5~7回程度を矢印の方向に行う)
  • :膀胱經絡の部分を撥ねる要領で施術する。
    (5~7回程度を矢印の方向に行う)
  • 腎臓が弱っている人は極めて痛がる。
  • 足心術の最後の仕上げは基本区分を実施する。

前ページ 次ページ