第7節 成人病や老年病を防ぐ方法〔活性酸素の消去こそ重要〕 

前ページ 次ページ

成人病や老年病の原因について、いろいろ述べましたが、より悪玉の酸素である活性酸素がその有力な原因と考えられています。この活性酸素を消去することで、各種の成人病は予防することが可能だ、と思われます。では、いったいどのような物がこの活性酸素を消去するのでしょうか?

体の中にはいろいろな酵素が存在し、活性酸素を消去しています。しかし、制御機構はセルフコントロールされており、必要に応じてその量が増減しています。この酵素によって消去出来なかった物だけが「毒性」を示すこととなります。

それを補う意味で、多くの消去物質が血中や組織中に含まれています。これらを抗酸化剤と呼んでいます。この抗酸化作用を有している物を外から多く摂取することによって、活性酸素を消去し成人病を予防することが可能になります。

抗酸化剤として代表的な物は、ビタミンC、ビタミンE、β-カロチンなどの抗酸化ビタミンと呼ばれる物です。その他に、フラボノイド、ユビキノン、尿酸なども抗酸化作用を有しています。女性ホルモンも抗酸化作用があり、女性が男性よりも長寿なのはこの女性ホルモンの抗酸化作用によるものともいわれています。

漢方薬の中にも抗酸化作用を有している物が多くあります。古くは秦の始皇帝が探し求めた不老長寿の薬はおそらく抗酸化剤であったことでしょう。漢方薬は、ビタミンやカロチノイドの他にも、多くのフラボノイド、タンニン、リグナン、サポニンなどの抗酸化剤を含んでいる物が多く、漢方薬の薬効がこの抗酸化作用によって発揮されいる場合も少なくない様です。

また、食事による成人病の予防もあります。西洋料理に多く使われるハーブ類やスパイスには、抗酸化作用の強い物が多くあり、日本でよく使われるワサビも、その一種です。これらは冷蔵庫などが無かった時代に酸素による変質を防ぎ、食品をより新鮮に保存するために、肉や魚にふり掛けたり、塗ったりしたのです。スパイス類を多く使う食事をお薦めします。

天然の抗酸化剤としてよく知られているカロチノイドやビタミンCは、葉緑体での光合成過程で発生する活性酸素の消去剤として重要な役割を果たしています。植物自身も強い紫外線から身を守るために抗酸化作用を利用しているので、出来るだけ日当たりの良い所で育った食物を摂れば、多くの抗酸化物を摂取できます。

産地や栽培条件を知ることも重要です。この様な抗酸化作用の強い食べ物を摂ることによって、成人病の予防につながります。

抗酸化食品であるAOBは1箱が18000円(90包/1箱)で、最低でも6ケ月間連続投与で体質改善の効果が得られます。摂取して暫くは、悪いと思われた値が更に悪くなりますが、これは当然の摂理です。汚れた血液を分解するので濃度が一時的に高くなるのです。

漢方医学の発達した中国本土で王漢方の名前がついた漢方薬は、日本で開発されたAOBだったのです。