第8節 病気になる時の関連性〔病気の連鎖関係を辿る事〕 

前ページ

ここに一つの事例を示します。内臓機能低下による全身の倦怠感を感じる人です。

<症状>
全身がだるい、腰痛で、手足の痺れ、肩凝り、排泄不良、との患者さんの訴え
<問診>
ここで重要なのは患者の運動状態です。エアロビクスやジャズダンスなどの激しいスポーツを実施している人は、背中の膀胱經絡が痛む場合があります。

腹痛は手当てで治る場合が多いのですが、背中の痛みは眠れない場合が多い。
<関連>  排尿の状態

腎臓の疾患

尿管の疾患

膀胱の疾患
  ・残尿感
・色が濃い
・悪臭あり
・むくみ(浮腫)あり
・眼が腫れている
・身体がだるい
・疲れ易い
・眠りたい
・耳鳴りがする
・その他

一口便利メモ<腹痛の特効薬であるゴボウ>の効果

(腸疾患の治りがみられ、盲腸の炎症にも特効薬です)
  • 土がついたままのゴボウ(牛蒡)を水洗いする。
  • ゴボウを10~15センチに切り取って、そのまま擦りおろす。
  • それをそのままコップ一杯を飲む。
  • 腸の炎症が治療できます。