第6節 食べ物についての復習の章〔東洋医学思想=一物全体〕 

前ページ 次ページ

既に、白害について何度も述べました。酸性食品とアルカリ性食品とに関して、更にまとめをしてみましょう。

  • 卵は21日間は腐らない。卵を冷蔵庫に入れると死んでしまいます。多くの主婦が冷蔵庫にしまっていますが間違いです。自然の新鮮なままにして呼吸させましょう。
  • 卵は健康な人が1日に1個を食べるのは良いことです。但し、卵黄は超酸性食品であることに注意です。(最近の鶏は抗生物質投与で薬に侵されている鶏が多い)
  • 鯖の様に青色の魚はEPAやDHA(不飽和脂肪酸)を含むので良い食べ物です。
  • 胆石や腎臓結石はカルシウム不足から生じており、アルカリイオン水で溶ける。
  • お風呂の中に天然塩を一掴みだけ湯に溶かして入浴すると良い。肌の発汗作用を促すので熱吸収が良い。上がる時に水をひと浴びすると湯冷めしない。(入浴後の5~10分程度の発汗は健康な証拠である。発汗しない人は大病する)
  • 排泄作用の多い人(汗、小便、大便)は健康である。発汗によって尿酸と炭酸とが排泄される。これらは、大便では排泄されません。
  • 肌の表面は弱酸性のため食塩(塩化ナトリウム)でこするとツルツルした肌となります。荒塩(ミネラル塩)でこすると脂肪が滲み出して来ます。
  • 血管はコレステロールを成分としています。
  • 昔から腹八分目と言われているが、現代では「腹六分目」で充分な栄養が摂取出来ます。
  • 同じ食事内容でも運動不足の人は高血圧になりやすい。適度の運動が必要です。
  • 日本では西洋医学が先行しており、欧米では西洋医学と東洋医学とを併用し、研究しています。西洋医学は対症療法、東洋医学は根本療法です。
  • 合成洗剤やシャンプーやリンスは界面活性剤によって髪や肌を溶かします。15日続けているとマウスの毛や肌が破れてハゲ頭となった実験結果があります。これらに変わって、石鹸を使用しましょう。成分表示とは〔毒物使用〕成分表示のことです。
  • リン酸や糖分(ジュース アイスクリーム コーラ ケーキ)は過酸化食品なので、体内では血液の濁り、そして血行不良を引き起こします。抗酸化食品が良い。
前ページ 次ページ