第3節 グッドハート法〔生まれ付き持っている気〕 

前ページ 次ページ

『グッドハート法』は、産まれた瞬間から死ぬまで変わらずに待ち続ける『気』の方向を調べる方法です。自分の気を知っておくと、気分が悪い時や気力を高める時などに有効です。

決して他の人を眺めて真似しないで下さい。個々人で確認しなければ、気の方向が違う場合がありますので一人ずつ確認して下さい。確認している最中に気分が悪くなったり、手の平が冷えてきたり、そうした症状が出始めたら直ちに中止して、逆の方向に修正して下さい。

■利手の親指と小指とで輪の形を作る。

◆確認者はその両指の爪の脇を両手の親指と人指し指で掴みゆっくりと開く。

◆片方の手を広げて親指から順に3回転を実施します。

①親指:右廻し ⑥小指:右廻し
②人指:左廻し ⑦薬指:左廻し
③中指:右廻し ⑧中指:右廻し
④薬指:左廻し ⑨人指:左廻し
⑤小指:右廻し ⑩親指:右廻し
   小指だけは往復するために続けて6回を回転します。

◆再度、利手の親指と小指とで輪の形を作って貰い、確認者は両指の爪の脇を両手の親指と人指し指で掴み、ゆっくりと開く。

この方法は先ず第1回目の確認です。最初よりも指の力が強くなっているのか弱くなっているのかを調べます。次に第2回目は、指の回転方法が逆となります。

①親指:左廻し ⑥小指:左廻し 3回転する時は、手の平全体に相手を指を包み
込んで軽く所定の方向に廻して下さい。掴んだ
ままでは相手の指は折れますヨ。
②人指:右廻し ⑦薬指:右廻し
③中指:左廻し ⑧中指:左廻し
④薬指:右廻し ⑨人指:右廻し
⑤小指:左廻し ⑩親指:左廻し

明らかに指の力が強くなったり、弱くなったりしますので『必ず、力が強い状態』で止めて下さい。弱い状態で止めて終ると、気分が悪いままで病気になるなど不愉快になります。