第7節 症状の進み具合と病気〔我が国の死亡病気の順位〕 

前ページ 次ページ

我が国の病気による死亡の順位は、①脳関連(脳溢血、脳梗塞、脳内出血)、②心臓病(心筋梗塞、狭心症、心不全)、③癌、④関節リウマチ、⑤骨粗鬆症、の順です。内蔵が悪い人は体温が低下しています。体温35度以下は非常に危険です。自分の常温を認識して下さい。

◆腎臓が悪くなると:

  • 排泄障害(尿道が詰まり、残尿感)が生じて、顔や足がむくむ。
  • 膀胱が悪くなり(子宮後屈など)合併症で肝臓も悪くなる。
  • 腰痛が始まり、腰痛をギックリ腰(椎間板ヘルニア)と勘違いする。
  • 膝や肘が痛くなり、そして泪目となる。
  • 耳鳴りも始まり、最後に骨粗鬆症となる。

◆肺が悪くなると:

  • 吸って左側が痛いと心臓も肺も悪い。右側のみ痛いなら肺である。
  • 大腸癌(便秘やゲップ)は肺にも転移する。
  • 咳や痰が頻繁に出る。
  • シャックリが始まり、鼻が悪くなる。
  • 鼻炎や蓄膿症や花粉症は大腸と肺に関連している。

◆病気の原因:

原因比率
カルシウムの不足80%
ストレス15%
食品や毒5%

◆水と水分との相違:

水とは主に水道水やミネラルウォータです。水分とはポカリスエット、アクエリアスそしてジュース類のことをいいます。これらは糖分が気がかりです。特に、コーラ類の糖分の量は驚く数値です。コーヒー1杯に角砂糖を7個も入れて飲み人はいない、と思います。それだけに多量の糖分が溶けているのです。

風邪を早く治したい場合には排泄を行い、水を多量に摂取することです。水分補給も良いのですが市販のウーロン茶(鳥龍茶)はリン酸の含有量が多いので薦められません。市販の蜂蜜も85%近い純正蜂蜜以外は、ほとんど水分が多い蜂蜜です。