第7節 東洋医学の不思議な脉診術〔六臓六腑の健康状態診断〕 

前ページ

この章では六臓六腑の具合を診る脉診術(脈による診断法)を紹介します。ここで六臓六腑とは、前述の陰陽五行説の五臓五腑に一つずつ追加されている心包(循環器系統でストレスを顕す)と三焦(上中下の三つの熱源を示しフラストレーションの具合を顕す)をいいます。

六臓心臓肝臓腎臓肺臓脾臓心包触診術
六腑小腸胆嚢膀胱大腸胃袋三焦圧診術
五行逆示相生
左手首右手首脉診術
右手首左手首

脉診術で重要なことは触診(肌に軽く触れた程度で感じる脈拍)と圧診(強く押して感じる脈拍)との区別です。また、男性(陽)と女性(陰)とで脈を診る手首が異なります。先ず、陽の男性を先に覚えておいて、陰の女性の場合には、逆の手だと覚えておきましょう。

■男性への脉診術の方法

右に示す表を用意しておいて○△×の三段階で表示すれば分かり易いでしょう。

 ○:脈がハッキリと強い。△:脈が弱いまたは微脈である。×:脈を感じられない。

男)例触 診 術圧 診 術
脉診術手首から上腕へ手首から上腕へ
これは、手首の折り曲げた部位から上腕に向かって
順番に一つずつを指で確認します。
左手首心臓肝臓腎臓小腸胆嚢膀胱
××
患者に対しては『悪い』と言ってはならず『機能が
低下してる』と言う表現を使うこと。
右手首肺臓脾臓心包大腸胃袋三焦
×

上表の例で○や△や×の例を表していますが、この患者さんの場合なら:

肝臓經絡は機能低下しているが、胆嚢經絡が補完しているために自覚症状まで至っていない。 しかし、腎臓經絡も膀胱經絡も脈無し状態では、腰痛や糖尿病になっていることが危惧され、女性の場合ならふくらはぎ部位が痛みを伴います。
ストレスも多く、これが原因となってストレス性胃炎を併発している可能性があり腸が炎症を起こしている様子です。便秘か下痢かで、親指の平の付け根部位に青い静脈が浮き出ていませ んか?その時は、親指の魚腹のツボ同士を揉み合わせておけば治ります。

このように患者さんに対しては脉診術の結果から明確に指導することが出来ます。紙に書かずに、相手の手首を掴んで脈をとれる様になる迄、脉診術を何度も(多くの人々で経験)修行して下さい。