第1節 仙人の呼吸法の秘密〔最初に習得すべき呼吸法〕 

前ページ 次ページ

中国には深山渓谷に住んで霞を食べて長寿である『仙人』と呼ばれる人の伝説があります。本当に霞を食べて生きていられるのでしょうか?この『霞を食べる仙人の呼吸法』の秘密とは何か?

この呼吸法は、中国でも一部の拳法家や武道家に秘伝として伝えられてきたものです。これを本当に習得すると、自分の体内の病気のみならず他人の病気までも治療出来る、と言われています。難しい表現ですが、内面の気を充実させれば、体内を内視することが可能です。

<仙人の呼吸術>

この一連の動作が『仙人の呼吸法』と称される方法です。立ったままでも、寝ていてもも、どこでも出来る手軽な方法です。

慣れて来ると、自分の意志で出血を止めたり、病気を念じて治療することも出来る様になります。また、副次的な効果として『痔の治療』や『名器になる』とも言われています。

重要なことは、静かに深く自分の肺一杯に空気を鼻から吸い込んで、肺の中の全ての空気を口から吐き出すという呼吸法を実践することです。この時に、意識と意念をリラックスさせ、深層心理へ自分のエネルギーを送り込むのです。

難しいことではありません、瞑想してゆっくり、何回でも実践してみて下さい。素晴らしい治癒効果が得られます。なお、治療と治癒との違いを理解して下さい。

  • 治療:医学的、科学的に対処して治すこと。
  • 治癒:内面の気で立ち直ること。心まで治して行くこと。
前ページ 次ページ