第4節 現代人は排泄不良人です〔毒素はすべて酸性ですよ〕 

前ページ 次ページ

食物は、食道~胃袋~十二指腸~回腸~上行結腸~下行結腸~S字結腸~直腸を経て消化吸収され、不要物が肛門から便として排泄されます。活力源となる栄養分は、ほとんどが腸から吸収されます。この繰り返しがスムーズに行われているかどうかで、健康であるか否かが決まります。

ストレスや食事、不規則な暮らし、社会環境の悪化などが、急激に現代人を排泄不良にしています。アルカリイオン水は、酸性腐敗便を含む酸性毒素を簡単に中和して、体外にスムーズな排出を促しますから、健康体で生活出来ます。

ほとんどの成人病の患者は「私は便秘ではありません」と答えます。しかし、1日1回の便が出れば良いのではありません。宿便や酸性腐敗便があっては、排泄の状態は悪く、便秘よりも危険な状態なのです。

癌を始めとする、あらゆる成人病や老化症候群は、節食とアルカリイオン水の飲用によって体が良い方向へと変わってゆきます。現代人の便秘は根菜類などの繊維質の多い食物の摂取不足も原因です。

水分を摂ると、胃と腸壁から血液中に入り、動脈と静脈を経て、腎臓で濾過され膀胱から排出されます。アルカリイオン水は、老廃物の濾過作用を行う腎臓に対して、負担をかけない飲み水です。また、近年の報告の中には腎臓結石、膀胱結石、尿路結石などがアルカリイオン水で溶解する事例が報告されております。

医師の中には「結石が溜まるのはカルシウム分が多過ぎるから、カルシウムを摂らない様にして下さい」と、全く誤った指導をする人がいます。大きな誤りです。体内にカルシウムが不足しているために、骨や歯などのカルシウムを溶かして補おうとする自己保存機能の結果、結石が出来るのです。

子供が情緒不安定であったり、すぐ怒りやすくなるのもカルシウム不足が原因です。これまでの日本人の食生活は、朝はワカメの味噌汁、ヒジキや昆布などのカルシウム分を多く含む海草類を多く摂ってきました。

これに反して、バンとコーヒーや紅茶の欧米式の酸性食品が多くなったため、今の子供達は大半が何らかの病気になっています。現代の欧米式食生活に汚染されてた食事によって血液は濁り、そのため肝臓や膵臓の機能が低下し、骨格はもろくなり、心臓を始め循環器障害などの成人病が増えています。

小学生で骨折が多い事例が挙げられます。カルシウム不足が原因なのですが、加えてジュースなど清涼飲料水などの過飲で糖分摂取が多過ぎます。偏った食生活から、バランスの取れた食生活へ見直すべきです。

前ページ 次ページ