第5節 食生活の考え方〔美味しい食べ物ほど危険〕 

前ページ 次ページ

食べ物を正しく摂取することは私達にとって極めて重要です。特に、グルメ食や旨い物ほど、実は危険な食べ物なのです。

次の表はカルシウムとリンとの含有量を比較したものです。(単位:mg)

【カルシウムが多い順】
食品カルシウムリン
ヒジキ140056
ワカメ1300260
黒胡麻1100570
昆布800150
茶(番茶)720200
青海苔600200
浅草海苔510280
煎茶440280
寒天4008
葉唐辛子36058
熊笹30020
人参葉20074
大根葉19030
豆富(豆腐)16086
ヨーグルト150140
小松菜17063
蕪葉13555
牛乳10090
ネギ(緑色部位)10051
ホウレンソウ9852
大根2817
蜜柑1614
【リンが多い順】
食品カルシウムリン
マグロ11350
サバ22300
鶏肉4280
イワシ50240
サケ22240
65230
カツオ6220
牛肉6210
豚肉4180
味噌81180
白米飯6170
タラ9160
麦飯22140
食パン1168
人参4760
ネギ(白色部位)5051
タケノコ451
白菜3340
薩摩芋2433
2831
胡瓜1927
茄子1626

この表から、白米や食パンはリンの含有量が多い食べ物であることが分かります。覚えやすいのは、海藻類はアルカリ食品で、魚や肉類は酸性(リン)食品である。

私達の中には強い体質の人と弱い体質の人がいます。しかし、もともと野性の動物には薬も無く医者もいません。生存競争に負けないためには、病気にならない様にする力があります。

また、動物は体の調子が悪くなっても自分で回復する力を持っています。そのために人間と比べると血液中にカルシウムイオンが多く備わって、少々の出血なら直ぐに止まります。

これに着目した数値(血液中のアルカリイオン濃度)を測定すれば健康度合が分かります。この寿命曲線を医師は治療や余命宣告に使っています。

次のページにカルシウムやリンの多い食べ物を分かりやすく図で示します。,