第4節 『食べ物』は大丈夫か?〔今迄の食生活に問題あり〕 

前ページ 次ページ

人間の体は薬で維持するのではなく、食べ物で維持することを述べました。ところで先ほどの水と水分みたいに、『食べ物』と『食品(人工食品/加工食品)』の違いをご存じですか?

それでは、次のことを自分に当てはめて確認して下さい。

□ 米(白米)を常食としている  総て白い形状です
□ パンを常食としている
□ 食塩を使用している
□ 白砂糖やグラニュー糖を使用している
□ 牛乳を飲んでいる

これらを『5つの白害』といいます。何故に『害』なのでょうか?それは、本来の姿をしていないからです。これらに食品添加剤や化学調味料を加えて『7つの白害』といいます。これらには、防腐剤や防黴剤や殺菌剤が極めて多く混入してるからです。

最近ではもっと怖い事実があります。

  • 牛乳で1年間もの保存期間表示があれば、中身は本当に牛乳なのか?保存剤なのか?
  • 遺伝子組換技術で意図的に生成された大豆や芋は3ケ月間だけの実験成果で売られる
  • 全粒粉のパンやパスタは100%が小麦粉でしょう、一般に全粒粉を使うと高価になる
  • 鶏卵や牛乳の商品を産む家畜類、その飼料餌に抗生物質を混ぜて食べさせる。

これらが異常に白いのは本来の姿ではないため人体に有害です。そこで対応方法は:

□米(白米)
精米の段階で研磨剤が混入し、栄養分の胚芽部分を削り取るために白くなっています。 「米」を「白」くすると「粕」になります。そこで玄米を食べたり、白米に麦を混ぜて 食べる食生活の改善が必要です。
□パン
食パンの原料の麦を砕いて粉にしてしまうと、これまた栄養分が破壊されます。自分の目で材料(全粒粉)を選んだり、日持ちの悪いパン屋さんから購入する。
□食塩
直ぐに使用を中止して本当の天然の『塩』に替えて下さい。食塩は化学物質(塩化ナトリウム)で塩の代用品です。ミネラルの中からナトリウム(Na)のみを抽出して塩基(Cl)を追加した化学物質で安価に製造した塩の代用品です。血液を汚す猛毒なのです。
□白砂糖
粗糖を精製して白くした白砂糖は有害です。これも直ぐに使用を中止し、アルカリ度が高い黒砂糖に替える方が良いでしょう。
□加工牛乳
昔の牛乳や山羊乳は3日も持たずに腐ったものです。今は低温殺菌で防腐剤などが混入されているので、これも産地直送の良い牛乳を牧場から取り寄せる。牛の餌や飼料に抗生物質などが混入している場合もあります。

〔参考〕食べ物や食品の「カルシウムとリン酸の含有比較」を次ページに示します。