第1節 危険に晒される社会環境〔こんな中で生活してます〕 

前ページ 次ページ
酸素

国民の平均寿命指数は、国民の健康状態とは何の関係もありません。近代医学や医療器具や薬剤の発展によって、死に至る人が少なくなっただけなのです。植物人間の状態で延命している人も少なくありません。

現実は慢性病が年々増加しているのです。真に健康を維持できれば、人間は成長期の5倍である約125歳まで無病息災で生きられるのです。

しかし、慢性病の増加につれて、成人病やアトピー性皮膚炎が子供達にも増えています。このアトピー性とは何でしょうか。原因不明な症状を、アトピー性と称しているだけなのです。

ここで、私達が生活して行く上に最も影響を受けている社会環境を列挙してみます。

良く「水分を摂れ」と言いますが、水と水分とは違います。多くの人が水分を補給して、水を摂取したと勘違いしています。


前ページ 次ページ