第16章 糖尿病による神経障害 

インデックス 第1節 神経障害とは  | 第2節 どうして神経が侵されるのか)  | 第3節 からだ全体に関連してくる病気です  | 第4節 神経障害が悪化すると  | 第5節 検査と治療  | 第6節 病気について、よく理解しましょう
  • 第1節 神経障害とは

    2節図3

    神経障害は、腎症、網膜症と並び、高血糖状態が続くことにより起こる糖尿病の三大合併症の一つです。神経障害の症状は、手足のしびれや痛み、感覚の鈍麻、下痢や便秘を繰り返す、立ちくらみ、味覚が鈍くなる、発汗異常、尿が勢いよくでない、勃起障害など、実にさまざまな形で全身にあらわれます。

    また、腎症や網膜症が自覚症状のないまま5年、10年と経過し病状がかなり悪化してから気付くことが多いのに比べて、神経障害は手足の痺れなどの自覚症状がごく初期の段階から顕れてきます。

    腎症や網膜症は、人工透析の導入や失明につながり、快適な日常生活を妨げる重大な合併症ですが、神経障害も放置すると服が着られない、シャワーを浴びることができないほどの激痛に進展したり、逆に神経が麻痺したり、足の壊疽や突然死の原因にもなります。

    症状が痺れや痛み程度だと思って安易な判断をせず、十分に知識をもっている事が必要です。神経障害は、初期のうちは血糖を厳格にコントロールすることで改善させる事が可能です。改善には1年以上かかることもありますが、希望をもって療養を続けましょう。


  • 第2節 どうして神経が侵されるのか)

      2節図3
    (1) 神経のはたらき
    それでは、糖尿病では神経のどの部分が障害されるのでしょうか。神経は脳が発する命令を伝えたり、あるいは脳へ情報を送ったりする役目をもっています。大きく分けて、脳、脊髄からなる中枢神経と、そこから枝分かれしてからだの隅々まで張り巡らされている末梢神経がありますが、糖尿病で侵されるのは、より細いつくりの末梢神経のほうです。
    末梢神経には感覚神経、運動神経、自律神経があり、それぞれ、冷たい、熱い、痛いなどを感じとる、手足を動かす、話す、内臓の働きや発汗、体温などを無意識のうちに調節する、などの役割を担っています。神経障害があると、これらのコントロールがスムーズにできなくなり、何も触れていないのに痛みを感じる、逆に痛みを感じない、細部の筋肉が動かない、心拍のリズムに変動がなくなったり、胃腸の動きが弱くなるといったことが起きてくるのです。
    (2) 高血糖が神経細胞に与えるダメージ/dt>
    糖尿病による高血糖が続くと、体内の余分なブドウ糖のために細胞の活動メカニズムが狂い、神経細胞の中にソルビトールという物質が蓄積され(ポリオール代謝異常)、やがて神経が障害されてしまいます。
    更に、高血糖により細い血管(細小血管)の血流が悪くなり、神経細胞が必要としている酸素や栄養が行きわたらなくなることからも神経障害は起きてきます。このほか、糖尿病で神経障害が起きる原因としては、神経栄養因子の問題、遺伝的素因などが関連していると考えられています。
      2節図3
  • 第3節 からだ全体に関連してくる病気です

    糖尿病性神経障害は、症状、原因の違いによって下の表のように分類されています。

    1.多発性神経障害
      2節図3 まず、もっとも多いのは、症状が多方面にあらわれる多発性神経障害といわれるものです。これは感覚神経や運動神経の障害によって起こるものです。手足の末端、ちょうど靴下や手袋で覆われる部分の痛みやしびれ、足の裏に薄紙が貼りついたように感じる感覚の鈍麻から始まります。
    それが段々と、足先から膝へ、手先から肘へと、からだの中心に向かって広がっていきます。特に、足先は神経の一番の末端ですから、これらの症状が一早くあらわれます。安静時や夜間に痛みが増す、両側の手や足の同じ部分に症状が出るのが特徴です。場合によって関節部麻痺で運動機能が損われ、リハビリテーションが必要になることもあります。
    2.自律神経障害
      2節図3 次に自律神経障害ですが、自律神経は内臓の活動をはじめ、発汗による体温の調節、血圧の維持など、人間が生きていくために必要なさまざまな機能を調節している神経です。自律神経が障害されることによりこれらの調節ができなくなると、下痢や便秘、心臓の動きが突然おかしくなる不整脈、汗をからだの一部分だけ異常にかいたりまたは汗をかかなくなったりする発汗異常、お腹がふくれあがるほど尿がたまっても尿意を感じず排尿できない無緊張膀胱、起立性低血圧(立ちくらみ)、勃起障害など、自律神経が関係しているあらゆる範囲に症状があらわれる可能性があるのです。
    3.単一性神経障害
      2節図3 神経を養っている細い血管が、小さな血栓で詰まって神経に血液が通わなくなり、その部分にだけあらわれる障害です。顔面神経麻痺や一方の目が動かなくなる、などがその症状です。
    <糖尿病性神経障害の分類と主な症状>
    分類主要原因症状
    広範性対称性神経障害多発性神経障害(感覚・運動神経の障害)ポリオール経路をはじめとした諸代謝異常異常感覚(しびれ、ジンジンする感じ、冷感)、自発痛、神経痛、感覚鈍麻、こむらがえり
    自律神経障害ポリオール経路をはじめとした諸代謝異常発汗異常(味覚性発汗、無汗)、起立性低血圧、胃無力症、便通異常(便秘、下痢)、胆のう無力症、膀胱障害、勃起障害、無自覚性低血糖など
    単一性神経障害血管閉塞脳神経障害(顔面神経麻痺、外眼筋麻痺、聴神経麻痺など)、四肢の神経障害

  • 第4節 神経障害が悪化すると

      2節図3

    このように糖尿病による神経障害はからだ全体に悪影響を及ぼしますが、進行すると次のよ うな深刻な状態に陥る危険性があります。

    1.神経麻痺・壊疽
    神経そのものが麻痺してしまうことで、痛い、熱いという感覚が失われます。そのためにケガやヤケドを気付かずに悪化させ、潰瘍や壊疽へと進行させてしまいます。特に、足は壊疽になりやすく、場合によっては壊疽部分の切断を余儀なくされます。
    2.無自覚性低血糖
    低血糖になってもからだがそれに反応せず、血糖値を上げるホルモンが分泌されなくなります。また、冷汗、手足のふるえ、動悸などの症状が起こりにくく、低血糖の症状を自分で自覚できなくなります。このために低血糖の警告症状なしにすぐに意識がなくなりますので、非常に危険です。
    3.低血糖・高血糖を繰り返す
    自律神経障害により消化管運動のリズムが乱れると食べたものの吸収が一定せず、インスリン注射をしている場合は、食後、血糖が上昇してくる時刻とインスリンが効いてくる時刻のタイミングが合わずに、低血糖、高血糖を繰り返すことになります。同時に食欲もなくなりがちで、さらに血糖コントロールが難しくなります。
    4.無痛性心筋虚血
    心筋梗塞あるいは狭心症になると激しい胸痛があるのが普通ですが、心臓の神経が障害されるとそれを感じません(無痛性心筋虚血)。そのため治療が遅れて、死につながるような大きな発作に突然みまわれる危険性が大きくなります。神経障害があるときには症状が軽いようにみえても、実際は重大な病状になっていることが少なくないのです。
    5.突然死
    神経障害があると無自覚性低血糖による意識喪失、無痛性心筋虚血による発作の他にも、致命的な不整脈や呼吸の停止を起こしやすくなり、突然死の危険が高くなります。
    6.うつ病
    激痛による睡眠不足、ゆううつ感で精神的に落ち込み、うつ病になることがあります。

    <神経障害と診断されたら>

    次に該当する方はより注意してください。

    • 低血糖・高血糖になりやすいので、血糖値をこまめに測定してコントロールの改善に務める。
    • 立ちくらみを防止するため、寝ている姿勢から一気に起き上がらず、いったん座り直しひと息ついてから立ち上がる。長風呂は避ける。また、立ちくらみを低血糖の症状と勘違いしないように。
    • 足はとくに壊疽を起こしやすいので、ケガやヤケドがないか毎日チェックし、手入れを習慣づける。
    • 味覚障害を起こしていると、濃い味付けを求めがち。味付けの濃い料理は合併症や糖尿病以外の生活習慣病を悪化させるので要注意。
    • たばこは血流障害を悪化させる一因。心筋梗塞、脳梗塞にもつながるので禁煙を。
  • 第5節 検査と治療

    (1) 症状に応じた検査が必要です
    神経障害にならないようにするには予防が一番です。そのために定期的に検査を受けることが大切です。また、具体的な症状があらわれた場合、その症状が本当に神経障害によるものなのか、あるいは別の病気によるものなのかを確定するため、詳しい検査を受けることになります。
    神経障害の検査で手軽にできるものとしては、膝やアキレス腱の反射をみる方法があります。これは神経による刺激の伝達能力を確かめるためのものです。その他、機械を使って神経伝導速度を測ったり、あるいは心臓の動きに異常がないか確かめるため心電図をとったり、膀胱機能をみるために超音波診断装置で残尿を測定したりと、障害が出る可能性のある多くの項目について検査を受ける必要があります。
    (2) 血糖コントロールの改善が第一
    神経障害が起きていると診断されたらどのような治療法があるのでしょう。神経障害の治療の基本は、神経細胞内に蓄積したソルビトールを取り除く事、血液の流れをよくして神経細胞へ酸素や栄養が行くようにする事の二つです。そのためには、血糖コントロールを改善することが第一となります。コントロールを厳格にすれば重症でない限り、神経障害は改善します。
    (3) 薬物療法
    血糖コントロールに加え、神経障害に対する薬物療法が行われます。神経障害を起こしている原因を取り除く薬には、ソルビトールが細胞内に溜まって(ポリオール代謝異常)神経細胞の働きが損われるのを防ぐ アルドース還元酵素阻害薬(ari)とか、神経細胞に栄養や酸素を運んでいる血管の血液の流れをよくする薬があります。
    この他それぞれの症状の改善を目的に、病状に応じて鎮痛薬や抗うつ薬、血圧を上げる薬胃腸の活動を整える薬などが用いられます。
    (4) 治療を受ける際に
    神経障害ではさまざまな症状があらわれますので、症状に応じてその分野の専門医のもとでの治療も必要になります。主治医の先生と相談して、それぞれの症状に合った治療を早めに受けるようにしましょう。
    また、神経障害の治療では、血糖コントロールを改善する段階で痛みが悪化することがあります。治療後神経障害といわれるものですが、この詳しい理由はまだ判っていません。神経の働きが復活することで、それまで感じていなかった痛みを感じるようになることも一因と考えられています。
    治療の過程で一時的に症状が悪化することもある点を理解し、痛みが酷くなったからと一方的に治療を中断することのないようにしましょう。反対に、神経障害が進行して痛みを感じなくなったのを、治ったものと勘違いすることもありますので注意しましょう。
  • 第6節 病気について、よく理解しましょう

    神経障害があると前記の表のにように、さまざまな症状が顕れます。しかし、このような症状があったとしても、糖尿病による神経障害ではない事もあります。女性では更年期障害の症状と似たものも多くありますし、神経障害による痛みだと思っていたのが実は癌であったり、あるいは骨の病気だったりします。反対に神経障害に気付かず、痛みを年のせいだと思い込み市販の鎮痛剤を用い続け、神経障害そのものを悪化させてしまうこともあるので気をつけましょう。このように、神経障害はいろいろな要因が複雑に関連してくる病気です。糖尿病と神経 障害の関連をよく理解し、日頃の血糖コントロールを良好に維持するように励むことが大事です。同時に、症状を早めにみつけて適切な検査・治療を受けるように心掛けましょう。