第5章 動脈硬化  

ビタミンAの摂取量

簡単にいうと、動脈が狭くなる、または硬くなることをいいます。動脈硬化には主に2つのタイプがあります。1つは動脈の内側にコレステロールなどの脂肪性物質が沈着して血管が狭くなる「アテローム性動脈硬化症」。そしてもう1つが、細い動脈の内腔が弾力性を失って硬くなる「細動脈硬化症」です。

アテローム性動脈硬化症は、動脈の中に黄色いドロドロとしたものが溜まり、血液の流れを悪くします。血流が悪くなると脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などを誘発する恐れがあるので早期発見が重要です。

また、細動脈硬化症の場合は、血管が破裂しやすくなるため、血圧が高くなると脳出血を引き起こすことがあります。


◆原因と予防方法

動脈硬化の原因は、コレステロールの過剰摂取や高血圧、タバコ、糖尿病、肥満、加齢などがあげられます。脂肪分やコレステロールの摂取量を減らし、野菜や果物を多く食べるように心掛けましょう。また、塩分やアルコールの摂り過ぎは高血圧の原因になるので控えてください。毎日適度な運動をしてストレスをなくすことも大切です。

◆予防効果が期待できる果物

アボカド、アンズ、イチゴ、イチジク、カキ、オレンジ、温州ミカン、キウイ、サクランボ、スイカ、西洋ナシ、ナシ、パイナップル、バナナ、パパイア、ビワ、ブドウ、マンゴー、メロン、モモ、リンゴなど。

食物繊維のペクチンは動脈硬化の予防に効果があるといわれます。リンゴ、桃、いちじく、イチゴ、キウイなどにはペクチンが豊富に含まれています。また、赤肉メロンやあんず、マンゴー、スイカ、みかんにはβカロテンが含まれているのでお勧めです。βカロテンには抗酸化作用があるため、細胞の老化を進行させる活性酸素を抑える効果が期待できます。

その他、柿、イチゴ、キウイに多く含まれるビタミンCも良いとされています。これ以外の上記の果物もカリウムが含まれているので高血圧予防に効果が期待できます。なお、肥満体質や中性脂肪「トリグリセリド」の値が高い人は、糖分を摂りすぎると肥満を進行させる恐れがあるので、果物の摂り過ぎは控えてください。

◆動脈硬化と飲み物

◇動脈硬化を改善する飲み物

主婦の方がパートで忙しい時は食べ物で、動脈硬化を改善するのは難しくなってくるので、飲み物で有効なものを紹介いたします。トマトジュース、野菜ジュース、青汁、オニオンスープ、グレープフルーツ、オレンジジュース、バナナジュース、ココア、豆乳、ゴーヤ茶、緑茶、ウーロン茶(これらが動脈硬化の改善に役立つ飲み物となります)

トマトジュースはリコピンと呼ばれる成分で血液をサラサラにして、コレステロールを排出するので、毎日 200㏄飲むと良いでしょう。またカリウムで動脈硬化の改善の他に高血圧を治す飲み物でもあります。

コンビニとかによく売っている野菜ジュースは赤色がおすすめで、赤色は血液の流れを良くする野菜を多く含んでいるので、赤を選びましょう。ちなみに動脈硬化と高血圧を改善する飲み物としてはお茶が有効です。

ゴーヤ茶はカリウム含有量が飲み物の中でも一番多く含んでいるため塩分排出効果が高く、緑茶はカテキンという成分でコレステロールを排出します。さらに緑茶は、脂肪を燃焼しやすい体を作る作用があります。そのため動脈硬化を改善したい人は緑茶を飲むのがお勧めです。緑茶を飲んだ後に早歩きで20分ウォーキングをするとダイエット効果が高いです。

因みに飲み物の中でも美容に良いトマトジュースは女性にお勧めです。お酒をよく飲む人は動脈硬化を改善するのは難しいのですが、トマトジュースを飲むと肝臓の負担を助けるため、お酒をよく飲む人に有効な飲み物です。

◇動脈硬化を悪化させる食べ物

改善に役立つ飲み物や食べ物を摂取していても、動脈硬化を悪化させる食品を食べていては一向に治らないので、今から悪化させる食品を紹介します。

ファーストフード、コンビニ弁当、惣菜、冷凍食品、インスタント麺、スナック菓子、マーガリン、バター、ピーナッツバター、ラード、梅干、漬物、つみれ、蒲鉾、薩摩揚げ(これらが動脈硬化の改善を妨げる食べ物となります)

やはりファーストフードなどの油がびっしり添付しているものは、動脈硬化を悪化させる作用があり、改善にはこれらの食べ物を避けなければなりません。またスナック菓子も塩分や油を多く含んでいるので、危険です。

塩分はカリウムを含む飲み物であるトマトジュースやゴーヤ茶がお勧めで、スナック菓子を食べ過ぎてしまった時は飲むようにしましょう。因みに漬物や梅干などは塩分が多いので、極力控えるべき食べ物です。

動脈硬化を改善したいと考えているか方は、ファーストフード店の利用頻度を週に2回にまで落として、毎日食べ物や飲み物でコレステロールを排出すると良いです。またインスタント麺は体に悪いので、汁はなるべく残しましょう。

動脈硬化を改善するには飲み物や食べ物だけでなく生活習慣を正す事も大切なので、お酒や夜食などの不規則な習慣を治すようにしましょう。

◆予防効果が期待できる野菜

アスパラガス、枝豆、えのき茸、オクラ、南瓜、胡瓜、空芯菜、ゴーヤ、牛蒡、薩摩芋、椎、パプリカ、ピーマン、マッシュルーム、三つ葉、百合根、レタス、蓮根