お寺めぐりの友看板

PC版

西高野山(にしこうやさん)神福寺(しんぷくじ)真言宗御室派

歴史

建久年間(1190-1198)の創建と伝わる。開山上人に舜誉宥玄僧正を招き、神宮寺と号した。 後に大内弘家により再建され、日輪山神光寺に改められた。

神光寺は明治初年まで続き、長久山平蓮寺と合併して、神蓮寺となる。 明治41年(1908)、岩国の妙福寺と合併して神福寺となる。 昭和4年(1929)に山号は日輪山から西高野山へ変更となる。

観音堂[1]に祀られている十一面観世音菩薩像(像高45.5cm程)は国重要文化財。(以上 ホームページより)

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


脚注

Top