お寺めぐりの友

PC版

龍塔山()龍蔵寺(りゅうぞうじ)□□□真言宗御室派  FACEBOOK

歴史

文武2年698役小角が、豊後国彦山から掛錫し、奥之院の岩窟に熊野権現を勧請し「龍の蔵」と名付けられたことに始まる。次いで天平13年741行基菩薩がこの霊域に溜まり、自ら千手観音を彫り、寺を建て奉安し「龍蔵寺」と名付けた。大内氏、毛利氏の時代には、その守護寺として保護されると共に、一般庶民の深い信仰を集めた。(ホームページより)

ひとくちメモ

寺の南西にある大銀杏は国の天然記念物・樹齢約千年、日本一の高さ50mを誇る(ホームページより)。 奥の院では磨崖仏もみられるようだ。

周辺のスポット(4km以内)


Top