お寺めぐりの友

PC版

()三原不動板碑(みはらふどういたび)☆☆☆仏教礼拝所

歴史

お堂前の案内板の内容を下に記す。

三原の不動板碑山口県指定 有形文化財

凝灰岩の自然石で一面を削って平底彫(へいていぼり)にカーンマーン(不動明王の種子)と梵字で刻んでありますが、一部上にはね上がって異様な形をしています。

風雨に晒されたためか面が荒れ、刻字が薄くなっています。 高さは約160cm、中央部の幅約66cm、厚さ約15cmの梵字板碑で頭部に山形や一条線などはありません。

南北朝時代のものといわれまが、年号や願文などはありません。

農地圃場整備の際、藪の中で発見されここに運ばれました。

ひとくちメモ

お堂は山裾にある。真ん中に主のいない石祠(寛政11年1799銘)があり、板碑その裏側に斜めに立てかけられている。

周辺のスポット(4km以内)


Top