お寺めぐりの友

PC版

鹿苑山()漢陽寺(かんようじ)[臨済宗南禅寺派別格地]□□□臨済宗南禅寺派

歴史

応安7年1374大内氏の祈願所として建立され、開基は大内盛見。父の弘世公の治世に庵を建て鹿苑庵としたのが当寺の起源ある。開山は用堂明機禅師。 康暦2年1380「十刹の地に任ず」という院宜の下賜を受けた。(ホームページより)

重森三玲1896-1975が作庭した「曲水の庭」「地蔵遊化の庭」「蓬莱山池庭」「九山八海」は重森が8年間を費やしてつくられたもの。平安時代から鎌倉を経て、桃山時代にいたるさまざまな時代の代表的な庭園様式を楽しむことができるように(しつら)えられている。(Links① より)

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

周辺のスポット(4km以内)


Top