お寺めぐりの友

PC版

金山(きんざん) 功山寺(こうざんじ) [功山禅寺] [未] 曹洞宗

歴史

境内の案内板の内容を下に記す。

功山寺(長府市川端町)

曹洞宗、嘉歴2年1327の創建。 当初は臨済宗で金山長福寺と称し、足利市、厚東氏、大内氏など武門の尊敬あつく隆盛を誇ったが、弘治3年1557大内義長がここで自刃、この戦乱によって一時堂宇の荒廃をみた。

その後、慶長7年1602長府藩祖毛利英元が修営、旧観に復し、曹洞宗に改宗した。 2代藩主光広が、英元公の霊位をこの寺に安置して以来、長府毛利家の菩提寺となり、英元の法号、智門寺殿功山玄誉大居士にちなんで功山寺と改称した。

現在の仏殿は、元応2年1320の建立で典型的な鎌倉期禅宗様式として国宝に指定、10代藩主匡芳の時、当地工匠の作による山門は市指定文化財となっている。

その他境内には、県文化財の木造地蔵菩薩半跏像をはじめ、大内義長の墓と伝えられる宝篋印塔五卿西下潜居の間高杉晋作挙兵の処など数々の史蹟や文化遺産が残されており、境内地(付、伝大内義長の墓)も記念物として市文化財に指定されている。

関連寺院

Top