お寺めぐりの友看板

PC版

()国分寺(こくぶんじ)[別格本山・長門国分寺]高野山真言宗

歴史

天平13年(741)に聖武天皇が国家の平安を祈って全国に建立した国分寺の一つ。 元は長府の国分寺跡にあり、大内氏・毛利氏・長府毛利氏の庇護をうけてきた。 明治維新後は次第に衰退。明治23年(1890)現在地に移転(現在地は大隆寺の跡地)。 昭和20年(1945)の空襲で建物は焼失。寺宝は奈良に疎開していたため無事であった。(Linksより)

参道口は山陽道である。

ひとくちメモ

境内の「油かけ大黒」は全国的にもめずらしいものという。

周辺のスポット(4km以内)


Top