お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

()法華寺(ほっけじ)法華宗本門流

歴史

起源はもと安養寺の地にあった国分尼寺[1]。元和元年(1615)安成院日就が現在地に移し、2世日伝のとき藩主秀元の側室・正福院の両親の帰依あつく、その香華所となり毛利家から寺田を賜い諦玄寺と称す。明治3年(1870)、元の法華寺と改称。昭和31年1月火災により焼失、その後再建される。(Links①より)

門前は山陽道である。

ひとくちメモ

未参拝の為未稿。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


脚注

Top