お寺めぐりの友看板

PC版

願海山()極楽寺(ごくらくじ)浄土真宗本願寺派

歴史

粟屋道性は安徳帝50回忌法会に出勤。1256年、阿弥陀堂を建立。道性の9代孫の粟屋主計頭源道善が阿弥陀堂を再建。 1518年、阿弥陀寺町大火で消失。後、御堂を再々建。 1641年8月22日、「極楽寺」公称許可。 1863年6月15日、奇兵隊の陣がおかれた。 昭和20年7月2日、第2次大戦の下関空襲で焼失。 昭和48年、六角形の再建以降、堂宇を順次再建。現在に至る。(ホームページより)

参道口は山陽道である。

ひとくちメモ

作者未参拝の為、未稿。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top