お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

重関山()永福寺(えいふくじ)[永福禅寺]臨済宗南禅寺派

歴史

推古天皇(554-628)の代に百済の王子が来朝、護持仏である観世音菩薩を本尊として建立。嘉暦2年(1327)鎌倉南禅寺の平田慈均禅師が開山となり臨済宗に改宗。 大正6年麓の町中から現在地に移転。 昭和20年の空襲で国宝の観音堂を始めことごとく焼失。その後再建。

毎年7月17日に観音祭(幽霊まつり)が行われる。(以上 Links① より)

門前は山陽道の終点である。

ひとくちメモ

未参拝の為未稿。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top