お寺めぐりの友

PC版

三徳山(みとくさん) 三佛寺(さんぶつじ) [三仏寺] [未] 天台宗

歴史

慶雲3年706役行者(役小角)が子守権現・勝手権現・蔵王権現を祀り、 嘉祥2年849円仁により本尊釈迦如来・阿弥陀如来・大日如来の三仏が安置されたとされる。 三徳山(美徳山)は、同じ鳥取県所在の大山や船上山と同様、山岳信仰の霊地として古くから開けていたことが想像される。 近世を通じて鳥取藩主の庇護を受けた。

奥院の投入堂(なげいれどう)(国宝)は山の中腹の標高470mにある。山中にある文殊堂・地蔵堂はいずれも国指定重要文化財、鐘楼堂・観音堂他の諸堂もある。(以上 Links① より)

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

Top