お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

補陀落山()海晏寺(かいあんじ)[海晏禅寺]☆☆☆曹洞宗

歴史

建長3年(1251)蘭渓道隆による開山。開基は鎌倉幕府5代執権北条時頼。 本尊:聖観音菩薩。 本尊の観音像は、品川沖でかかった鮫の腹から出た物と伝えられ、一帯の「鮫洲」という地名の由来ともなっている。 かつては臨済宗建長寺派であった。

多くの末寺を有したが衰退。 文禄2年(1593)徳川家康が天叟慶存を招いて再興し、現在の曹洞宗の寺院となる。 江戸時代「御殿山の桜」とならび紅葉の名所として知られていたという。(Wikipediaより)

昔の参道口と思われる東海道の脇には2基の石碑がみられる。 いずれも台座に「海晏寺」の寺号が刻まれている。 石塔に刻まれている「最明寺」は北条時頼の戒名。

ひとくちメモ

境内は禅宗のお寺らしく、きっちり整備された印象である。 境内には六角形のお堂・鐘楼・多数の歴史を感じさせる石塔群などがみられる。

関連寺社


Top