お寺めぐりの友

PC版

萬松山() 龍潭寺(りょうたんじ) [龍潭禅寺] [未] 臨済宗妙心寺派

歴史2 phrases

天平5年733に行基菩薩によって開創されたと伝わる。 創建時は地蔵寺と号していた。 元中年間1384-1392、宗良親王(後醍醐天皇の皇子)がこの寺を中興したともいう。 永正4年1507、20代直平が帰依し、黙宗瑞淵和尚を開山、禅宗寺院となった。 永禄3年1560に戦死した井伊直盛がこの寺に葬られると、直盛の法号から龍潭寺と改められた。 井伊家は関ケ原の合戦での武功によって近江国(滋賀県)に転封[1]となってからも井伊氏の外護を受けていた。(ホームページ及びLinksのページより)

庭園は国指定名勝。 2世南渓瑞聞(なんけいずいもん)はNHK大河ドラマでは井伊直虎の後見人として井伊家を支える役柄として登場している。