お寺めぐりの友

PC版

瑞光山() 清水寺(きよみずでら) [厄ばらいの寺] [未] 天台宗

歴史

寺伝では用明天皇2年587年、尊隆上人により開かれたというが、一時廃れ、大同元年806平城天皇の勅旨を受け、盛縁上人により復興されたという。

承和14年847、唐からの帰路立ち寄った円仁(慈覚大師)により光明真言会が創められ、天台宗に帰依したという。

その後幾度かの火災と復興を経て、明徳4年1393ほぼ現在の寺域が定まったが、戦国時代兵火に襲われ根本堂以外の建物は焼失した。伽藍はその後毛利氏及び松平氏により復興され、安政6年1859信徒の手により三重塔が建立され、現在の形となった。(清水寺 (安来市) - Wikipediaより)

ひとくちメモ

根本堂(明徳4年1393)・三重塔・仁王門他見所多数のお寺のようだ。

Top