お寺めぐりの友

HOME PC版

三明山() 瑞泉寺(ずいせんじ) [未] 浄土真宗本願寺派

歴史2 phrases

Linksによれば、開基は西暦1300年頃と伝えられ、元は真言宗。 天文9年1540に浄土真宗に改宗して「瑞泉坊」と号した。 慶長9年1604、寺号を現在の「瑞泉寺」としたという。

『石見ふるさと大百科』 P191によれば、 12世住職であった自謙(じけん)(弘化3年1846寂)は、本願寺派内に三業惑乱(さんごうわくらん)[1]の法難があった時、それをおさめるのに貢献。 文政7年1819本願寺が初めて勧学職(学林最高位)を置いた時、そのトップとして選出される。 また、自謙は博多聖福寺仙厓和尚とも交流があったという。(Linksによれば、仙厓はこの寺に3年間逗留。自身作の画をこの寺に残したという。写真はLinksに掲載されています。)