お寺めぐりの友

PC版

萬歳山(ばんぜいざん) 妙義寺(みょうぎじ) [妙義禅寺] ★★ 曹洞宗

歴史

寺内で配布されているパンフレットの内容を要約する。

文永年間1264-1275、臨済宗として創建(他説に弘安5年1282)。 応永元年1394、益田氏13代秀兼が寺領370余石を寄進し曹洞宗に改め菩提寺とする。 弘治年間1555-1558、19代藤兼が長州大寧寺14世繁興存栄(はんこうそんえい)和尚を勧請開山とし、末寺22ヶ寺を加え隆興させた。 慶應2年1866石州戦争(せきしゅう)[1]の時には、村田蔵六(大村益次郎)率いる長州軍が当寺を本陣・野戦病院とした。

寺内には益田家19代当主藤兼1529-1597の五輪塔、長州藩・乃木三蔵[2]他3墓がある。 裏山の萬歳山には観音三十三ヶ所の霊場がひらかれている。 本堂には平安期の作の十一面観音像・千体地蔵尊が安置されている。

ひとくちメモ

妙義寺は萬歳山の北側山裾に伽藍を構えている。 山門は黒瓦のどっしりとしたたたずまい。木鼻・貫の彫刻も歴史を感じさせるものとなっている。 本堂に向って左手に歴代和尚の墓地へ通じる道があり、イチョウの巨木が立っている。 本堂に向って右手の玄関には、巨大な開梆(かいばん)がかけられている。 境内全般、草木の緑にかこまれたしっとりとした雰囲気の寺院である。

裏山の山頂にある観音堂への登り口は、西隣りの益田高等学校の裏手にある。 そこは広大な墓地となっており、その先に観音霊場への坂道の入口がある。 参道脇には麓から順に番号付けされた13の観音様が鎮座されている。 麓から頂上までの標高差約95m。山道で人気が無いので単独行は避けたほうが良い。

門前の道を挟んで北側には石橋があり、その先には北方向に一直線に道が伸びている。 長い参道であるようであるが、どこが参道口かは未確認。 歴史を感じさせる石橋の周辺には、益田兼堯(益田城15代城主)像をはじめ、多数の石塔・石仏、お堂などがある。

花ごよみ

見頃の花・木
1椿・千両万両
2
3桜・もくれん・こぶし
4ぼたん・つつじ・さつき・しゃが利休梅黒蝋梅都忘れ石楠花(しゃくなげ)
5しゃくやく大山蓮華山法師・しょうぶ・からたねおがたま
6あじさい・沙羅(夏つばき)無憂樹(むゆうじゅ)
7菩提樹・泰山木・桔梗・百日紅(さるすべり)
8百日紅
9紫しきぶ白しきぶ・萩
10ほととぎす木星・もみじ・椿
11つわぶき・蝋梅・椿
12椿

脚注

関連寺院

Top