お寺めぐりの友

PC版

東松山() 海雲寺(かいうんじ) [海雲禅寺] 曹洞宗

歴史

高津町誌(1)によれば、 開山は黄山殊梅大和尚(天正18年1590寂)。 妙義寺の末。 天正12年1584、当地に小庵を結ぶ。 天和2年1682頃まで中絶していたが、 同年中、高津代官所波多野武兵衛役中願済の上、小庵を再建。 元は海雲山東傳庵と称していたが、同門に同名の寺号があったため、 安永3年1774、山号を寺号に振替、東松山 海雲寺と称することとなったという。

ひとくちメモ

寺の西側には、国道9号線が走り、さらにその西には清流高津川が流れている。 寺はちょっとした高台にある。 参道には多数の石仏群がある。 本堂は小ぶりである。 山門脇に梵鐘が掛けられ目の前で見る事ができる。

明星保育園が併設されているようである。 地名の「須子町」は「すこちょう」と読む。

関連寺院

Top