お寺めぐりの友

PC版

桐野山() 妙覚寺(みょうかくじ) [肥前の延暦寺] ★★ 天台宗

歴史3 phrases

佐賀県の歴史散歩』と仁王門に掲げられた「桐野区住居位置マップ」に掲示された多久市教育委員会の説明文(昭和57年3月)によれば、 本尊は木造不動明王立像(伝慈覚大師作)。 天平4年732(あるいは天平13年741)、行基が聖武天皇の勅願寺として創建。 往古は120余りの末寺を有したが、数度の火災に遭い焼失。 天正年中1573-1593憲海龍造寺長門守[1]から寺領50石を受け再興。 現在の観音堂・本堂・庫裏は昭和8年1933に再建されたものという。

弘法大師筆と呼ばれる胎金両界曼荼羅(県重文、県立博物館寄託)、四天王石像(伝弘法大師作)がある。 ほか境内には諫早塚ほか多数の石塔石仏がみられるという。

他に刻像青面金剛石祠(扉に寛文12年1672銘、多久市重要文化財)・六地蔵塔仁王門がある。

ひとくちメモ1 phrases

仁王門は麓の桐野バス停付近にある。 そこから約100mはだらだら坂、その先は石段である (石段途中に諫早塚あり)。 やっとこさ観音堂にたどり着く。 仁王門より観音堂までの距離約300m。 仁王像・石段・石祠・石塔・石仏などなど見どころ多数あり。 写真は以下の順に掲示する。 各ポイントの位置関係は右上の「桐野区住居位置マップ」をご覧ください。
本堂域 鳥居の内側の領域 五百羅漢域 観音堂域 参道 仁王門 バス停付近 諫早塚