お寺めぐりの友

HOME PC版

寶樹山(ほうじゅさん) 徳善院(とくぜんいん) [未] 真言宗御室派

歴史4 phrases

伊藤氏メモ応永年間1394-1428に肥前佐賀藩藩祖・鍋島直茂の祖父清久の祖父・長岡経直が開基。開山は幸純。 元は玉泉坊円城寺といった。清久は英彦山権現の分霊を勧請し、本庄にあった館の大門をここに移したと伝えられる。 現第37世。

佐賀藩2代藩主鍋島光茂は当院に楼門・鐘楼を寄進するなど鍋島家の保護が厚かった。

山門前には古い鳥居が立ち、一見すると神社と思い違うかもしれない。しかし、その鳥居額には、宝樹山の山号が刻まれている。また、境内は堀に囲まれ城域を思わせる。

近くに本庄江川が流れるかつて船の出入りがあった地で、文政10年1827に建てられた石の燈籠式灯台(御神燈)が岸辺に残り、往時を偲ばせている。(『佐賀百寺巡拝』より)()

ひとくちメモ1 phrases

伊藤氏メモ本堂は、老朽化による解体・新築建替えの最中で、新本堂の基礎部の工事施工が進んでいた。 歴史欄に記載の「石の燈籠式灯台」は、寺院東側の川沿いの道をやや北側に行った所に立っており、すぐ分かる。 碑には、「文政10年に願主徳善院海信一により建立」の旨が刻字されている。(2017-12-09)