お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

東光山()勝福寺(しょうふくじ)[勝福禅寺]☆☆☆曹洞宗

歴史

伊藤氏メモ以下は、Links① による。

天正2年(1574)に陽山俊虎大和尚により開山された。本寺(ほんじ)は佐賀市八戸の龍雲寺で、開基大和尚も龍雲寺の4世と伝聞されている。本尊は東方瑠璃光薬師如来。

近世の歴史では、昭和8年に江里地区にあった東光寺の小堂並びに墓地・墓石を当寺内に移転したと記されている。大正時代から昭和30年代には歴代住職と壇信徒が一如となり竹林の開墾や本堂の建立などを行い、現在に至っている。()

ひとくちメモ

寺の西側には嘉瀬川が流れている。周辺は大豆畑と水田である。 コンパクトな境内には石塔・石仏と並んで六地蔵塔が1基みられる。 門前には梵字石もみられる。

関連寺社


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top