お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

()龍造寺八幡宮(りゅうぞうじはちまんぐう)★☆☆神道

歴史

伊藤氏メモ文治3年(1187)龍造寺季家が神殿を創建し、鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)の分霊を勧請して奉安し、龍造寺八幡宮と称して崇拝したのに始まる。

降って、慶長12年(1607)初代藩主鍋島勝茂は佐嘉城築城に際して、これを八幡小路に遷座し、現在の神殿及び拝殿を造営し常夜灯を寄進、藩祖直茂の室・藤の方は肥前鳥居(佐賀市重要文化財)を寄進した。爾後、歴代の藩主は佐賀地方の開府の神・佐嘉城の鎮護・武士の守護神として尊崇し、事あるごとに祈願・報告祭を執行した。現在も、八幡神社の通称で市民に親しまれている。(宮前の解説板より)()

寺の裏手は長崎街道が通っている。

ひとくちメモ

伊藤氏メモ境内の様子は、Links① を参照ください。()

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top