お寺めぐりの友

PC版

慶聚山(けいじゅうざん) 龍雲寺(りゅううんじ) [龍雲禅寺] 曹洞宗

歴史

伊藤氏メモ天文元年1532大用宗俊(だいようそうしゅん)和尚により開山されたと伝えられる。藩政時代には、佐賀藩の「曹洞宗12か寺」の一つに数えられた名刹である。

本堂西側の墓地のほぼ中央には『葉隠』の主な語り手であった山本常朝の墓をはじめ、山本家の人々の墓が、南北2列に向かい合って建てられている。(境内の解説板より)

また、『日新校区史跡ガイドマップ』によれば、龍雲寺一帯は、室町時代八戸(やえ)一帯に勢力を誇っていた豪族於保氏(のち八戸氏と改める)の居館跡であるという。 ()

門前は、長崎街道である。

ひとくちメモ

本堂は磨き上げられた部材の木目が美しい。 境内にはお釈迦様を中央に配した羅漢像がみられる。 一体一体の表情が面白い。

境内の案内板(地図も付属)によれば、山本常朝の墓は本堂の西側の広大な墓地の中にあるという。 作者は墓地内を少し探してまわったが墓碑は確認できなかった。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


Top