お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

寂静山(じゃくじょうざん)妙福寺(みょうふくじ)浄土真宗本願寺派

歴史

伊藤氏メモ以下は、『東与賀町史』などによる。

創建は寛永15年(1638)蓮生寺(佐賀市伊勢町)の末寺として創立された。 開基は高木宗運。蓮生寺開基・高木宗太夫(釈行善)の弟である。 また、旧高木城主で肥前国府南(高木瀬地区)を支配した高木鑑房の子孫でもある。

本堂は昭和5年(1930)改築完成したもの。半鐘は享保18年(1733)第6世見佳とあり、谷口安左ェ門の銘がある。

当寺はかつて寺子屋であったようで、寺内に落書きした梵語(ぼんご)の文字が残っている。()

ひとくちメモ

伊藤氏メモ平成28年熊本地震の影響によりそれまでの山門は被害を受け、新たな山門が建立されている。新たな山門は欄間部に両面透かし彫りの手法が用いられており、彫りの模様は見事である。なお、当山門は扉を設けていない造りである。山門の両脇にはシュロの高木が10本ほど並び立っている。山門前の左手の三つ角には、[實久小学校の跡]と記された記念碑が立っている()

関連寺社


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top