お寺めぐりの友

PC版

()栗並毘沙門天(くりなみびしゃもんてん)不詳

歴史

御堂内に「毘沙門天縁起」と題された木板が掲示されており、それによれば御堂は昭和9年9月吉日に建立されたようだ。 本尊の毘沙門天像が同時に開眼されたかどうかはわからない。

御堂名「栗並毘沙門天」は作者が仮称しました。正式名称がわかれば訂正します。

ひとくちメモ

御堂の脇には川が流れ、この先嘉瀬川ダムに注ぐ。 毘沙門天像は綺麗に彩色されている。

御堂の近くの古老のお話によれば、付近の3名の住民によって大切にまもられているという。

周辺のスポット(4km以内)


Top