お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

天桂山(てんけいざん)香月寺(こうげつじ)浄土真宗本願寺派

歴史

伊藤氏メモ開基は板山玄亮。 昭和14年(1939)創立。 元禄2年(1689)の墓石があり、かつての廃寺が再興されたものかもしれず(『西与賀の歴史とその周辺』には、宝暦8年(1758)亮誘法師の開基とある)、玄亮が昭和4年(1929)入山のときは荒廃していたという。現本堂は平成13年の新築落慶。

当寺の前の通りを数十mほど東へ行った道沿いに、江戸末期の西与賀厘外の庄屋で村内防疫に尽力、さらに副島種臣の長崎遊学費用を援助した平山栄十翁の生家跡があり、解説板が立っている。(『佐賀百寺巡拝』より)()

ひとくちメモ

伊藤氏メモ300年ほど草庵としてあったが、昭和14年(1939)に寺号を付されたという。 本堂は平成13年の竣工で記念碑がある。 本堂左前にある大徹信絆松と名付けられた盆栽松がすばらしい。 寄進されたものであるという。()

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設・他のページの検査は当ページの上部の「4km範囲検索」のボタンをご利用下さい。


Top