お寺めぐりの友

PC版

安性山(あんしょうざん) 國相寺(こくそうじ) [国相寺] [未] 日蓮宗

歴史

伊藤氏メモ創建当初からこの地にあり、現第28世。()

明暦年間1655-1657に開基、等覚院日序上人が小城市勝妙寺より退く際に隠居寺として建立されたのが始まり。 明治42年、火災により本堂を焼失した為、詳しい記録は残っていない。 昭和35年、現本堂再建。現本堂はインドの仏舎利塔とギリシャのパルテノン神殿の造りを融合させたものという。

境内のクスノキは佐賀市天然記念物。推定500年。

ひとくちメモ

伊藤氏メモインドの仏舎利塔とギリシャのパルテノン神殿の造りを融合させたものという現本堂は、先進的であった先代(現住職の父)の考えによったもの。当時としては珍しいもので、グラビア等にもよく載ったという。山門内には平成13年に奉納された密迹金剛那羅金剛が対をなして立っている。()

関連寺院

Top