お寺めぐりの友看板

PC版

長谷山()観音寺跡(かんのんじあと)[円通観音禅寺]曹洞宗

歴史

はじめに、当寺跡の場所の特定ができていません。現在調査中。 現在は、仮に杉神社の位置としています。ご注意ください。

何時の時代に創建されたかは不明であるが、昔は天台宗の道場背振山の末寺で、長谷山の名は、和州長谷境に対比してつけられたという。文永元年(1246)に三瀬山内に来着した野田周防守清秀(三瀬氏の祖)が、杉大明神とこの寺を尊崇し、仏供糧を寄進して供養したので、周防守を開基としたこともあった。当時は杉神社の社務がこの寺の僧を兼ねたという。その後、神代家時代には、太陽山玉林寺の末山とされた。本尊は観世音菩薩で、僧春日の作といわれる。 三瀬城主、神代長良(くましろながよし)(1573-1581)はこの寺に葬られたという。

昭和38年、大雪の中失火に仍って全焼しそのすべてを失ってしまった。唯1つだけ[寛文7歳(1667)以丁未12月吉日に神代大和守武辺朝臣直長公銘入り寄進の半鐘]が村内宿の部落公民館に保存されているという。 焼失後、諸般の事情によって再建不能をもって中村・清流寺へ廃寺し合併されている。

杉神社・孫太郎観音堂脚気地蔵の祭祀も行っていたようだ。(『三瀬村史』より)

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


Top