お寺めぐりの友

PC版

百丈山(ひゃくじょうざん) 開田庵(かいでんあん) [開田禅庵] [未] 曹洞宗

歴史

伊藤氏メモ享保2年1717龍泰寺(現:佐賀市赤松町)の末寺として創立された。 下飯盛の富吉千右ヱ門が怒芳和尚を招きこの地に草庵を結んだことに始まるという。

当時、下飯盛に浄正寺という寺院があったが、火災に遭い同草庵に合併された。 その後、龍泰寺11世の弟子・法地開山峰月圓澄大和尚(元禄4年1691寂)の代に開田庵と名付けられた。

本尊の十一面観世音菩薩は金箔の木製像。 昭和10年1935火災にて本堂・庫裏などを全焼。平成に入り新築された。(『佐賀百寺巡拝』などより)()

ひとくちメモ

作者未参拝の為、未稿。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


Top