お寺めぐりの友

PC版

往生山念仏院(おうじょうざんねんぶついん) 常福寺(じょうふくじ) 浄土宗

歴史

伊藤氏メモ延宝3年1675の開山以来、当地にある。 本堂前には、明治三筆の一人である中林梧竹(なかばやしごちく)の筆による八谷種次郎遭難追悼記念碑(高さ178.0cm、幅55.5cm)が立っている。直方体の石碑である。ただし、長年の風雪の影響で表面の文字は認知しづらい。 「ノルマントン号海難事故と中林梧竹筆、八谷種次郎遭難追悼記念碑」を参照ください。()

ひとくちメモ

本堂前の八谷種次郎遭難追悼記念碑は存在感たっぷりである。 当寺の参道口は長崎街道の反対側(南)に開いているが、少しわかりにくいので要注意。

Top