お寺めぐりの友

PC版

慈雲山() 地蔵院(じぞういん) [地蔵禅院] 曹洞宗

歴史

Linksのページによれば、「地蔵院本堂前に享保17年1732に建立された見事な地蔵菩薩が建っています。享保17年の飢饉で多くの餓死者がでたと伝えられており、その霊を慰めるために建てられたとみられます。」とある。 作者はこの地蔵菩薩像は未確認であるが、遅くとも藩政時代からこの寺は存在していたのであろう。

門前は、長崎街道である。 この前後の街道はノコギリ状に設計されており、佐賀城の西の防衛を担っていたと思われる。

ひとくちメモ

伊藤氏メモ本堂前には、「三界万霊」「奉漸読大乗妙典一千部」と刻まれた2基の古い石塔が立っている。()

本堂の前の石塔は、左手が釈迦牟尼仏像、右手が観音菩薩像と思われる。 本堂前の円い樹形のクスノキが印象的である。

Top