お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

東陽山()医王寺(いおうじ)[医王禅寺・醫王寺]☆☆☆曹洞宗

歴史

伊藤氏メモ以下は、『佐賀百寺巡拝』による。

宝永6年(1709)の創建。開山は融能大和尚。 「佐賀の治水の神様」と語り継がれる成富兵庫茂安(1560-1634)は、鍋島町増田で生まれ、戦国期のあと佐賀藩内で治水利水に尽力した。 75歳で没し、佐賀市大和町尼寺の築山に葬られ、遺言により毛髪は本行寺(佐賀市西田代)に埋葬された。 成富兵庫の法号位牌は、縁あって出生地増田にある当寺で近年まで永く祀られていた。 当寺のすぐ裏には「成富兵庫茂安公誕生之地の碑」が建立されている。()

伊藤氏メモ創建以来この地にあり、現第15世。本堂は平成6年の再建落慶。 なお、「成富兵庫茂安公誕生之地の碑」の場所はこちらの地図をご覧ください。 ()

ひとくちメモ

境内には2基の六地蔵塔がみられる。 本堂の西側は墓地となっている。 参拝当日(2018-09-02)は酷暑。 寺の裏手にあると言われる「成富兵庫茂安公誕生之地の碑」の所に行く体力がなかった。残念。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top