お寺めぐりの友看板

PC版

瑞鳳山()法泉寺(ほうせんじ)浄土真宗本願寺派

歴史

以下は、『諸富町史』などによる。

創建は天文年間(1532-1554)、開基は善祐。 三養基郡坊所村の領主池田藏人助義幸(坊所肥後守)の子・坊所藏人大輔は龍造寺隆信に仕え、その一族の西村・中村・馬場・吉田等300余名とともに橋津村に陣し、肥前来襲の大友勢の水軍を迎えて奮戦。大友水軍を破り大いに戦功を立てたが、多くの戦死者を出したため、その一族の菩提を弔うために、その子・刑部左衛門善教が出家して善祐と号し当寺を創建した。

本堂は享保12年(1727)再建されたものであったが、白蟻と台風の被害で昭和48年(1983)本堂・庫裡が改築された。()

ひとくちメモ

未参拝の為未稿。

周辺のスポット(4km以内)


Top