お寺めぐりの友

PC版

祥雲山() 圓徳寺(えんとくじ) [円徳寺] 浄土真宗本願寺派

歴史

伊藤氏メモ以下は、『富士町史』による。

弘安2年1279千葉頼胤が小城に下向したときに従った嘉村俊行は当地・麻那古に住した。嘉村俊行の17世の孫・嘉村新左衛門は龍造寺隆信と深い関係があったため、山内の雄・神代勝利に抵抗し、和田、池原の戦いで全滅した。 一族の中で辛うじて生き残った助五郎の子・龍清が、真言宗から禅宗に改宗した廃寺を再興、一族の慰霊菩提のため、永禄年中1558-1569念仏道場として当寺を開基した。第3世淨専の代、元和9年1623本願寺の准如上人に請い、寺号を圓徳寺と賜わった。()

町名「麻那古」は「まなご」と読む。

ひとくちメモ

寺は小高い山の西側山裾にある。広々とした境内には門柱・山門・本堂・庫裡などがゆったり配置されている。 境内のモミノキの巨木は佐賀の名木・古木。指定時の推定樹齢は300年(昭和51年1976指定)。 門前にはのどかな田畑・山などの風景が広がっている。

Top