お寺めぐりの友

PC版

金剛山金剛定院() 安龍寺(あんりゅうじ) [安竜寺] [未] 真言宗御室派

歴史

伊藤氏メモ以下は、『諸富町史』などによる。

創建は天平年中729-765。開基は行基菩薩。旧寺号は長福寺。行基は、筑州において1本の良材を得、これを滄海に放って、この木の流れ着いた地に仏像を造って地方の平安を図ろうとした。放流された尊木は寺井津に漂着し、薬師像7尊(川副七仏)を刻んで7か所に道場を開きこれを安置した。当寺は、その7尊像が造尊された場所である。現在でも、当寺にはそのうちの1尊像が秘仏として安置されている。

天正12年1584龍造寺隆信が軍を休めるために入寺した記録もあり、隆信から地所・地米の寄進を受けている。

行基が和銅4年711に草創したといわれる河上山実相院元觸内神通院(東寺井[1])は、旧藩時代は藩主龍造寺家・鍋島家の祈願所であったが、大正6年1917当寺に合併された。

文化6年1809建造の本堂には、鍋島勝茂の病気平癒のお礼の絵馬が奉納されている。()

関連寺院

Top